リフォーム工事にはどれくらいの期間がかかる?

リフォームの規模によって様々です!

トイレやお風呂はどうするべきか?

長く住むと家族の生活スタイルも変わってきます。 もし、子供がいれば年々成長してくるはずです。 同性の姉妹や兄弟であれば、一つの部屋でも問題はありませんが、異性となるとやはり部屋は別々にしてあげるのが良いです。 一つの部屋を分けて間仕切りを付けるとだいたい3日くらいのリフォーム期間が必要です。

家の形状によって決まります

足場を組んだり、基礎工事をする為、部屋の増築と外壁のリフォーム工事をする場合は、その位の期間が必要になります。 外壁の場合には色塗りも含まれているので、これは天候に左右されがちです。 増築も、家の形状や床面積によって左右されるそうで、面積や部屋数が多い場合は、2カ月になる事もあります。

キッチンのリフォーム工事の期間について

特に、子供がいる主婦にとってキッチンというのはとても大切な場所でもあります。 もし、そんなキッチンのリフォーム工事をする場合に、期間が一番気になると思います。 全て変えるのであれば、解体も入るので全て終わるのは約3週間位になるみたいです。 ガスや電気の取り付けも入るので、そのくらいはかかってしまいます。

子供部屋を作ってあげたい

最近では、マンションでも全てを建て替えるのではなく、部屋ごとに住む人が自分の好きな空間にするリフォーム工事が主流になっています。
特に、年数が経って古い所は少し安く価格を設定したりして、住む人の自由に出来る事を全面的にアピールをして空き部屋を出さないように工夫しています。
その為、部屋ごと全面的にリフォーム工事をするとなると、かなりの日数がかかりますが、意外と水回りだけを綺麗するだけでもそれなりにお洒落な空間を作り出す事が出来ます。
水回りのリフォーム工事は、同じ位置での器具の取り付けが可能ですが、全ての位置を変えるとなると配管や電気工事もしないといけないので、その期間も含めるとなると若干長くなります。

ですが、施工関係で全体の位置が変えられない場合もあります。
それから、リフォーム工事をする季節によっても長くなる事があるようです。
少し長くなる場合のお風呂やトイレは、近くに銭湯やコンビニのトイレを借りたり、子供がいる場合は実家にその間だけ住む事で解決する事が可能です。
それから、ビジネスホテルに泊まる事も良いかもしれません。

最近では、水回りのリフォーム工事はパックになっている事もあり、個別で発注するよりもお得になっています。
その方が、カラーやメーカーを揃える事が出来ますし、電気や太陽光発電システムを取り入れるとなると電気代やガス代もお得になる事もあります。
だいたい、期間の目安としてパックだと10日間になるそうです。